東急線の編成表を公開しました。車椅子スペースと優先席の位置も確認できます。

3/31  東急3000系3008F リニューアルされJ-TREC出場

昨年9月より総合車両製作所横浜に入場されていた東急目黒線用の3000系3008Fが、更新工事を終えて本日出場されました。今回は輸送ではなく、車両をメインに撮影致しました。

FullSizeRender

3008F  京急線神武寺駅にて
増結中間車の出場はなく、通常の6連で出場されました。なお本日の組成は「3208+3258+3008+3108+3408+3508」の状態でした。
FullSizeRender
DD200−6+3008F  横須賀線逗子駅にて
逗子(神武寺)から新鶴見(信)までの牽引は愛知機関区所属のDD200–6でした。今回のダイヤ改正よりDD200による甲種輸送の運用もスタートされ、今回が初めての牽引でした。
【変更点】
IMG_0278

IMG_0279
ドア上の案内表示器が、LED式のものからLCD2画面式に変更されていました。これにより、今後増結車を繋ぐこともできますね。ドアチャイムやドアの開閉装置は変更されたのか気になります。
IMG_0302

IMG_0300

その他、床材・化粧板・袖仕切り・座席モケット・手摺は、入場前と変化はないように見えました。フリースペースの増設も行われていませんでした。
IMG_0276

IMG_0275

LEDは交換されたのでしょうか。気になります。
共通した変更点は以上です。以下より、号車ごとレポートいたします。なお、海側のみの撮影ですのでご了承ください。
【Tc3008:1号車、Tc3108:6号車】
FullSizeRender

IMG_0287
3008号車
FullSizeRender

IMG_0285

3108号車
FullSizeRender

FullSizeRender

先頭車の目立つ変化としては、デジタル無線アンテナの新設(画像上)と情報伝送装置(Tc3008)の新設及びATC/S/O装置への交換(画像下)がなされていました。ATC/S/O装置への交換に伴い、Tc3008のATC/ATO装置は当然ながら撤去されています。Tc3108号車もATC/S/O装置が新設されていました。現状、先頭車の床下の色がグレーであるものが該当の装置であります。
なお、デジタル無線アンテナは先日工事が施された
IMG_0261
5165Fとほぼ同様なものでした。
FullSizeRender
なお、Tc3008の運転室側台車の車軸が交換されていました。
IMG_0280

IMG_0273

運転台は、新品に交換されていました。白いデジタル無線機も確認できました。L字型になっていますね。
【M3258:2号車】
FullSizeRender

FullSizeRender

デハ3258には、大きな変化が見られませんでした。
【M3208:3号車】
FullSizeRender

FullSizeRender

デハ3208には、大きな変化が見られませんでした。VVVFも変化なしです。
【T3508:4号車】
FullSizeRender

IMG_0281

サハ3508には、大きな変化が見られませんでした。
【M3408:5号車】
FullSizeRender
FullSizeRender

デハ3408には、大きな変化が見られませんでした。VVVFも変化なしです。
以上です。今後の動向にも注目です!

コメント

  1. みずほ800 より:

    こんにちは。
    東急3000系、リニューアル工事が始まりましたね。
    ドアエンジンは、電気式に交換されたのでしょうか?

  2. 管理人 より:

    みずほ800 様、コメントありがとうございます。

    ドアエンジンですが、見ただけでは分かりませんでした。
    私自身も大変気になる点であります。楽しみですね!

  3. Daifuku より:

    ドアの部分を見た限り電気式には改造されてなく、さらにドアが綺麗になっていないので、そのままでしょうね。

  4. 管理人 より:

    Daifuku 様、コメントありがとうございます。

    基本的に一部の設備の更新に留まっているので、その可能性も高いですね!

タイトルとURLをコピーしました