東急線の編成表を公開しました。車椅子スペースと優先席の位置も確認できます。

8/27 東急5178F+4611-4711+5518 J-TREC出場甲種

本日は、J-TREC横浜より東急東横線向けの5050系10両と5000系1両が出場されましたので、甲種輸送を撮影してきました。編成の内訳としては、増備車となる5178F8両と増結中間車向けのデハ4611-サハ4711、そして踏切事故の損傷により修理されていた5118Fのサハ5518になります。

IMG_1868
EF65 2127+東急5050系+5000系  梶ヶ谷貨~府中本町
牽引はEF65 2127でした。編成構成はEF65 2127+4711-4611+5878~5578+5518+5478~5178という感じでした。長津田の搬入を考慮したためでしょう。
IMG_1871
デハ4711-サハ4611  同所にて
恐らく既存の5050系に組み込まれると考えられる4611-4711。編成的には4111Fと改番されるのでしょう。帯が細いタイプですが、76F,77F以外の編成に組込むとなると帯の太さが異なりますがどうなるのでしょうか。
営業形態が変わる秋以降に営業に就く関係か、窓下のTOKYU CORPORATION表記と社紋は付いていない状態で輸送されました。
IMG_1872
5178F(画像はクハ5878)  同所にて
外観は2016年に製造された5177Fとほぼ同じで、排障器もスノープラウ一体型となってます。
FullSizeRender
一方で、車内は2020系列に準じているとの目撃があり、画像から分かるようにヘッドレストは設置されていないなどの多少の変更がなされているとの事です。
IMG_1873

画像が暗くなったりピン甘になったりと散々ですが、こちらはデハ5678号車。5555は廃車となりましたが、新たに5678が誕生しましたね(笑)

IMG_1870
サハ5518  同所にて
昨年の10月下旬に発生した西武線内での踏切事故の当該車5118Fのうち、損傷が激しかったサハ5518が修理のため3月下旬にJ-TRECへ陸送入場されました。
修理が完了されたためか、今回の5178F甲種に連結される形で出場されました。
5178Fに挟まれている状態でしたので、車体の汚れが目立ってますね(笑)また4105F以降に製造された5050系とは帯の太さも異なるため、それも目立ちますね。
これで以上になります。他編成の今後の動向にも注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました