東急線の編成表を公開しました。車椅子スペースと優先席の位置も確認できます。

東急池上線,多摩川線1000系1017F「きになる電車」乗車レポート

3/28から営業運転開始(復帰)した東急池上線,多摩川線1000系1017編成が、本日初めての終日運用に就いたので乗車してきました。という事で、題名通り乗車レポートをしていきたいと思います。

image

まずは車内。新車臭が漂っていました。良い感じにレトロ感が出ていると思いますね〜そして、地味にLED室内灯が暖色になってますね!

image

次に座席部分。今までの座席にあった仕切りが無くなっていますね。そして座席間にはスタンションポール(縦握りの手すり)が新設されてます。こちらの改造は1500番台とは変わりませんね〜

image

image

そして座席モケット。木の椅子に近づけたかったのでしょうか…

image

次に優先席付近。こちらには他の車両と同様に、フリースペースが設けられています。

image

優先席。最近になってようやく田園都市線と大井町線の車両で、優先席ステッカーの更新が行われたそうです。近々池上線でも交換されると思うので、この姿は今だけしか見れませんね。

image

フリースペース(車椅子,ベビーカースペース),。他の車両はこの2号車にしかフリースペースが設けられていませんが、1017Fには全号車に設けられています。フリースペース部分の窓は1500番台と同様にUVカット仕様に変更されています。

image

貫通扉の上付近には、東急電鉄初の防犯カメラが設置されています。

image

image

image

ドアは黄色のテープが取り付けられたぐらいであまり変化はありませんが、ドア上の案内表示器とドアチャイム(いずれも準備中)、そしてドア横の非常通報器の色も化粧板の木目調と同じ茶色く塗装されています。

image

image

次につり革。優先席付近のつり革には変化がありませんが、ドア付近のつり革(上)と座席付近のつり革(下)が木を使用したものに変更されています。握り心地は、既存車(新7000系以外)とあまり変化がありません。

image

最後に車番。デハ1317号しか記録していません。表記は1500番台と同様でステッカータイプのものに変更されています。

おまけ

image

1017Fに乗車し久が原駅で降り、駅前の踏切で折り返しを撮影しました。営業運転の姿は初めて撮影しました。行先表示はシャッタースピード1/1000まで,運番表示は1/160までが限界でした。

image

1017Fが到着する前に撮れた新7000系7105Fのサクラフォトギャラリーラッピング車両。新7000系のラッピングは初ですね〜

鉄道コムに参加しています。クリックよろしくお願いします↓
鉄道コム

コメント

  1. 風旅記 より:

    こんにちは。
    外装のラッピングだけでなく、内装もレトロ調に更新されているのですね。私も乗ってみたくなりました。
    池上線は、今も長閑な雰囲気で魅力がありますね。井の頭線が20m級の車両に変わって以来、池上線は際立って都会を走る小さな電車の良さが見えるようになりました。
    この車両が元々走っていた日比谷線も20m車に変わるようですし、銀座線や丸ノ内線を除けば、東京の街を走る18m車の貴重な一路線になっていきます。
    桜の咲く今の季節、久し振りに池上線を訪ねたくなりました。
    今後とも、宜しくお願い致します。
    風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

  2. 70-060F より:

    風旅記様、コメントありがとうございます。

    そうですね。言われてみれば都内で18m車両が走る路線は、日比谷線が無くなると池上線と多摩川線ぐらいですね〜意外と少ないものですね…

    新7000系,1000系,1000系1500番台,7700系2色,そしてこの1017Fと、ここ最近池上線・多摩川線のバリエーションがとても豊かになりました。この季節だと景色も良いし、そして1017Fも素晴らしい車両でしたので、乗車する事をオススメします(笑)

タイトルとURLをコピーしました