東急線の編成表を公開しました。車椅子スペースと優先席の位置も確認できます。

車両置き換えの流れ#5 E233系1000番台

「車両置き換えの流れ」について

このシリーズは、とある一つの路線に導入された新型車両をピックアップし、最終的にどの線区の車両にまで置き換えの流れが生まれたのかを考察します。

(具体例:埼京線E233系→ 埼京線205系⇨富士急行6000系 → 富士急行1200形⇨岳南電車9000形 → 岳南電車7000形)

JR東日本E233系1000番台

E233系1000番台は2007年から京浜東北線・根岸線用に、209系を置き換えるために導入された車両です。83編成製造され、2010年までに209系を置き換えしました。2020年現在、事故により1編成が除籍され82編成がさいたま車両センターに所属されています。

今回はE233系1000番台が導入されたことにより、どのような置き換えの流れが生まれたのかを考察したいと思います。

置き換えの流れ

209系試作車の置き換え

E233系の導入により、209系の試作車である900番台・910番台・920番台の3形式が順序置き換えられました。その後の転用はなく、基本的に解体されています。

900番台先頭車1両のみ東京総合車両センターにて保存されています。他の号車と910番台・920番台は解体されました。

209系500番台の転用

5編成在籍していた209系500番台は、4編成が京葉車両センターへ転用され201系を置き換えました。ここで置き換えられた201系は全て廃車されました。

一方で、ウラ80編成の1編成はC516編成に改められ三鷹車両センターへ転用されました。この転用は、当時のB27編成が東京総合車両センターへ一時的に転用されていたため、この1編成を補うように209系500番台が転用されました。

209系0番台の動向

幕張車両センターへの転用

209系0番台の324両が幕張車両センターへ転用されました。6両26編成と4両42編成と組成し2000番台・2100番台と改められ、2013年までに113系と211系を置き換えました。113系は全て廃車されましたが、211系は全編成長野車両センターへ転用されました。211系の動向は後述します!

中原電車区への転用

209系0番台のうち3編成が6両に短縮・機器更新を施し、2200番台と改められ中原電車区に転用されました。ここでは209系0番台1編成と205系1200番台1編成を置き換えました。209系0番台ナハ1編成は、その後の転用はなく解体されました。

置き換えられた205系1200番台のナハ48編成は、中間車2両を廃車した上で仙台車両センター宮城野派出所に転用されました。ちなみに廃車された中間車2両は、当時機器故障を起こしていた他の205系のM車であり、1200番台のM車2両と交換をしていました。

宮城野派出所に転用された205系は、当時1編成だけ予備として残っていた103系1編成を置き換えました。その後、この103系は解体されました。

事業用・研修機材への転用

劣化が少ない209系0番台は、事業用車両や研修・研究車両として多く転用されました。

川越車両センターには、次世代のシステムを搭載し試験を行う目的で7両がMue trainとして転用されました。E235系に搭載されたINTEROSも、この車両で長らく試験が行われました。なお、現在は中間車1両が廃車の上6両編成で使用されています。

研修機材として、八王子支社訓練センター・横浜支社訓練センター・大宮総合訓練センターへ長らく使用されていた103系・105系訓練車を置き換えるために、先頭車化改造を施しそれぞれの訓練施設へ転用されました。

また、大宮総合車両センター内の大宮グローアップスクエアには、同じく研修機材として209系の先頭車1両が転用されました。(画像奥の車両)2019年には前面のFRPが転用されましたが、現在も脱線復旧訓練用として使用されています。

そしてJR東日本研究開発センターにも209系先頭車1両が転用されています。

幕張車両センター211系の動向

209系2000番台・2100番台の導入により、幕張車両センター所属の211系全編成も置き換えられました。211系はその後、編成を3両と改められ長野総合車両センターへ全編成転用されました。ここでは、長野総合車両センターの115系2両編成を置き換えました。その後115系2両編成は、しなの鉄道へ譲渡されました。

しなの鉄道の動き

しなの鉄道の115系導入により、同線の169系全編成と115系未更新車1編成が置き換えられました。169系と115系のその後の転用はなく、保存・解体されました。ちなみに保存されたのは、169系1編成です。

結果

E233系1000番台が導入されたことにより、最も遠い流れを受けて置き換えられた車両は、しなの鉄道115系・169系であることが分かりました。

個人的には、南武線への転用で205系1200番台を置き換えて仙石線へ転用する際に、余剰中間車2両を故障していた205系中間車2両と交換して故障車を復帰させた動きが面白い点だと感じています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました