【T-Evolution】J-TREC入換車タイプ7200系 レビュー

電車市場より先日発売となりました、天賞堂のT-Evolutionシリーズ「J-TREC入換車タイプ7200系」を購入しましたので、レビューしていきたいと思います。

パッケージはこんな感じでした。これまでのT-Evolution製品と変わらないですが、電車市場のオリジナル商品ですので2枚目の画像のようにロゴが入っていたりしています。

裏面はオプションパーツの一覧や、注意書きが記載されています。走行化パーツの指定は、これまでの7200系と変化はありません。

付属パーツとステッカー・インレタは通常版と変化なしです。今回の車種的にインレタの貼り付けは楽そうですね。

それでは中身のレビューに移ります。

2両繋げた様子です。総合車両製作所入換車タイプということで、どちらもデハ7200でありパンタグラフが連なっています。また、片側のデハ7252は上田電鉄の帯を纏っている姿が再現されています。あくまでタイプ製品ということで、渡り板や屋根などの細かいところの再現はなされていません。

デハ7252はこのような感じ。社紋は実車通りに印刷されていません。

デハ7254。こちらは東急のロゴがないだけで、既存の製品と変わらないように見えます。逆に言えば、東急ロゴがないため汎用性がありますね(笑)

最後に、妻板部分を。検査表記をよく見ると下之郷としっかり再現されておりますね!実車はどうなっているのでしょうかね。

これで以上となります。

個人的にはHO規格の車両は初めての導入であり、スケールが大きいと格好良さも増して非常に良い製品と感じました。特に走らせるような環境はないので、このまま観賞用として持っていようと思います!

それにしても、今回のこの製品は製造個数が150セットとかなり少ないため、初回販売分30セットはすぐに完売となりました。購入を検討されている方は、発売時間をチェックすることをお勧めします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA