東武東上線のベビーカースペース・車椅子スペース設置位置情報です。

車両数を選択する

東上線の車両数はどこで分かる?

駅の発車案内板列車の接近放送で確認できます。

基本は10両編成志木⇔和光市を走る副都心線直通の一部のみ8両編成です。

10両編成

東武鉄道の車両の位置です。東急と東京メトロの車両は位置が異なります。

2号車 1番ドア(約9割の車両に設置)

9号車 4番ドア(約9割の車両に設置)

※ ここでの設置率は 車庫に止まっている車両を含めた走行する全ての車両 からの算出です。リアルタイムに走行している車両の割合ではありません。

全ての電車に設置されていない?

赤紫色の車両の一部が設置されていません。

オレンジ色の車両は、設置されています。

東急と東京メトロの車両の位置です。東武の車両は位置が異なります。

2号車 4番ドア(全ての車両に設置)

9号車 1番ドア(全ての車両に設置)

他の号車に設置されている?

4号車と5号車の車両全体の色が真っ赤の場合、両号車の設置されています。

8両編成

譲り合っての利用を心掛けましょう

2号車 4番ドア(全ての車両に設置)

7号車 1番ドア全ての車両に設置)

他の号車に設置されている?

東京メトロの車両(茶色の車両・17000系)と一部の車両は、全ての号車に設置されています。

設置率・乗車位置は上部タブ「全号車の設置率を見る」でご参照ください。

 凡例

1号車4番ドア(和光市側)36%
2号車1番ドア(志木側)
4番ドア
(和光市側)
13%
100%
3号車1番ドア(志木側)45%
4号車1番ドア(志木側)51%
5号車1番ドア(志木側)49%
6号車1番ドア(志木側)45%
7号車1番ドア(志木側)100%
8号車1番ドア(志木側)36%
2023/11現在 独自算出

※ ここでの設置率は 車庫に止まっている車両を含めた走行する全ての車両 からの算出です。リアルタイムに走行している車両の割合ではありません。